「UTAGE KAWARABAN」 Updraft EROC選手

2019/08/30

 

日本のトップ達や話題のプレイヤーにインタビューしてみる企画「UTAGE KAWARABAN」Updraft EROC選手にインタビューしてみました。

 

 

 

utage:

 今回はGGCに出場される日本屈指の強豪CS:GOチームであるUpdraftでインゲームリーダー(IGL)を務めるEROC(えろっく)さんにインタビューをお伺いしたいと思います。EROCさん、よろしくお願いします。

 


EROC選手:
 どうも、CS:GOのアマチュアチームで活動しているUpdraftのEROCです。よろしくお願いします。

 

 

utage:

 よろしくお願いします。それではまず、チームの自己紹介をお願いします。

 

 

EROC選手:

 UpdraftのラインナップはNorisenがAWPER、coookieがLurker、flaxがSupport、AnkerがEntry Fragger、そして僕がIGLとSupportといった構成です。そして最近ではメジャー大会のクローズド予選に出場したり、Twiuser Tounament Cup Season7などで準優勝しました。

 

 

utage:

 ありがとうございます。では最初に、チーム結成のきっかけや結成秘話がもしあれば教えてください。

 

 

EROC選手:

 結成秘話。。。私は結成時にはいなかったんですけど(苦笑)、聞いた話だと去年の12月に最初はaumlinhoとcoookieがまず2人で集まって、「強いやつを呼ぼう」みたいなことを話してて。で、NorisenとripabloさんをIgnisから、元RIG(Reign In Gaming)のAyanoxさんとかを呼んでの結成らしいです。

 

 

utage:

 なるほど。私もTwitterで結成を知ったときには即席チームの印象だったんですがそれでも素晴らしいパフォーマンスを当時から発揮していましたよね。そんなUpdraftが普段チームで行っている練習の内容はどういうものなんでしょうか?

 

 

EROC選手:

 練習は週6で行い、大学生組が2人いるので大体18時から夜の0時から1時くらいまでしています。今は夏休み期間なので昼の15、16時くらいから練習を始めています。内容は基本的にはスクリムを2試合して、反省会を1時間行い、1時間休憩するというメニューを組んでいます。

 

 

utage:

 ふむふむ。ちなみにスクリムの相手は日本チームと行っているんですか?

 

 

EROC選手:

 昼間の時間帯は基本的に日本では試合相手が釣れないので、基本的に海外のチームと試合をしています。

 

 

utage:

 となると、韓国や中国のチームと?

 

 

EROC選手:

 韓国のチームではMVP PK(東アジア最強といわれる韓国のチーム)としかやらないです。最近ではBTRG(中国)やLucid Dream(タイ)といった強豪チームとの試合をしてて差を感じていて、まだまだだなといったところです。

 

<