【ゲーミングモニター】『BenQ ZOWIE XL2546』レビュー by noppo

2019/12/23

 

 こんにちは、noppo です。

BenQ Japan 様より、「Counter-Strike: Global Offensive(以下 CS:GO)」で勝つために必要な要素が全て詰まったハイパフォーマンスゲーミングモニター『BenQ ZOWIE XL2546』をご提供頂きました。早速、レビューを書いてみました!

 

■製品の特長

 

 

 

 

『BenQ ZOWIE XL2546』は「CS:GO」など、速い応答速度が要求される esports タイトルでは必須の「TN パネル」を採用しています。応答速度がわずか 1 ms、そしてリフレッシュレート 240 Hz のゲーミングモニターです。国内外問わず、オフラインの大会などで最も多く採用されている『BenQ ZOWIE XL2546』には、数多くの優れた機能が搭載されています。

 

私が試合に勝つために重要だと思う性能や機能をいくつか上げてみました。

 

#1 AIM の向上。BenQ 独自技術「DyAc™」。

 

 『BenQ ZOWIE XL2546』には、BenQ 独自技術の「DyAc™」機能が搭載されています。この機能はモニターに映像を出力する際、瞬間的にモニターのバックライトを消灯する事によって、人間の錯覚によって起きる残像感を起こりにくくする機能です。


この機能を初めて使用しましたが、残像感が減ることで AIMING がよりしやすくなり、自身のプレイを向上させることができると感じました。この機能がないモニターを使用していた時では狙っても出せなかった複数キルも出やすくなったと感じます。特に 1 キルした後の次のキルが成功しやすい。また、連射することによって発生していた画面の残像が目立たなくなり、アサルトライフルのリコイルコントロールが行いやすくなったように感じました。自分は「高」を使用しています。

 

 

いろいろな武器を試してみました。

 

 

 

 

#2 暗闇でもいち早く敵を視認。「Black eQualizer」機能。

 

ゲーム内で暗いポジションにいる敵を見やすくするため、「Black eQualizer」機能を使用する前まではゲーム内の明度やモニターの明度を上げて、明るさを調整していました。明度を上げすぎてしまうと、フラッシュバンが自分の目の前で炸裂した際、視界を奪われる時間がわずかではありますが伸びてしまう。さらに、元々明るかったポジションは、より明度が上がったことで特定のポジションによっては敵の視認性が低下。この機能を使う前までは、最適な明度を見つけるまで微調整を繰り返していました。


しかし『BenQ ZOWIE XL2546』に搭載されている「Black eQualizer」機能は、暗い部分、そして過度に明るい部分をはっきりとさせる機能が搭載されています。暗いポジションにいるキャラクターの視認性が大幅にアップ。暗闇の中に潜む敵、また動く敵も、いち早く視認することが出来ます。コンマ 1 秒が明暗を分ける FPS では、暗闇内でも迷うことなく敵と認識できることは、大きなアドバンテージとなります。